top of page
観客

SOUND FUNDING

​楽曲支援=投資システム。原盤権と著作権の権利シェアシステム

アーティスクリエイター作った楽曲の著作権をレベニュシェアする、音楽活動支援型の楽曲ファンドプラットフォーム

​SUPPORTER SYSTEM

 

あなたが心惹かれたその素晴らしい楽曲に支援(投資)しよう!

01

 

あなた(サポーター)が心惹かれたその素晴らしい楽曲に支援(投資)することができます。

02

あなた(サポーター)が支援(投資)した金額はアーティスト&クリエイター(楽曲制作者)の活動資金となります。

03

あなた(サポーター)は援(投資)した楽曲のライセンスを保持することができ配当を受け取ることができます。

04

サポーターとして支援をすると、専用ページを設けるのであなたが支援した楽曲の保持率、楽曲のストリーミングの再生回数やメディア露出やライブ演奏などので受け取れる報酬のレポートをチェックすることができます。

05

​楽曲をアーティスト&クリエイターと共にたくさんの人に聞いて人気度を上げていき、双方間でロイヤリティをたくさんゲットしましょう。

人
お金
楽譜
人
お金
音符
お金
人
楽譜
音楽プレーヤー
お金
人
楽譜
人
グラフ
ノズル
音符
お金
人

Win(サポーター)Win(アーティスト&クリエイター)の関係を築き、
双方で楽曲権利を保持するクラウドファンディングのような仕組みです。

観客

​支援の仕方について

OUR BRANDING STORY

Business System

従来の日本音楽(レーベル・レコード会社・音楽出版社)システムは、

アーティストやクリエイター(作詞家・作曲家)が作った楽曲について以下の2つの権利収入があります。

原盤権
​*楽曲制作に関して関わった人達がもらう権利
(厳密にゆうと制作費用を支払った人達)

​レーベル

(レコード会社)

会社

​アーティスト

​レーベル

(レコード会社)

​その他関わった人達

​(事務所など)

アーティスト
会社
人

著作権
​*楽曲制作に関わった、作詞家、作曲家がもらえる収益。
(管理する、宣伝する人達を音楽出版権と言います)

​音楽出版社

会社
作詞家

​作詞家

​作曲家

楽譜

​音楽出版社

会社

POINT!!

SOUND FOUNDING

楽譜
握手
Wi Fi
会社

​原盤権

​(資金投入者)

​著作権

​(作詞作曲)

​共同出版

​(メディアや事務所など)

​代表出版

​(音楽出版社)

*この権利を透明化し、支援者と制作者でサポートし合えるシステムを構築。

*プロデューサー、A&R、サポートミュージシャンがもらえる著作隣接権という権利もあります。

Master & Copyright License

先ほどの「MusicBusinessSystem」の著作権の部分だけをもう一度、さらにわかりやすく解説します。

​音楽に関わっているサービスは日本音楽著作権協会に納品をしております。

​*掲載しているロゴは一部を抜粋しております。その他多数のサービスがあります。

音楽​ストリーミング

ロゴ
ロゴ

​イベント(フェス)

Japan_Fest_logo.webp
Japan_Fest_logo.webp
Japan_Fest_logo.webp

​ライブハウス

ロゴ
ロゴ

​メディア(テレビ)

ロゴ
ロゴ
ロゴ

​メディア(ラジオ)

ロゴ

カラオケ店、飲食店、音楽を流す店舗、音楽教室、楽譜出版など

印税

​著作印税

​*JASRACは年間約1200億円の徴収を行い分配を行なっております

会社

​作詞家​

25%

作詞家

​作曲家

25%

楽譜

​支援枠

​50%

POINT!!

SOUND FOUNDING

印税

​原盤印税

​*日本レコード協会調べで年間約3200億円弱の売り上げが立っております。

​音楽を作って資金投入をした人

50%

アーティスト
会社
人

​支援枠

​50%

POINT!!

SOUND FOUNDING